学力アップだ!学習塾について
学習塾どうでしょう!

夏休みの学習塾A

夏期講習とは、学校や、学習塾の普段の授業での遅れを取り戻すための機会でもあり、勉強を先にドンドン進めて生きたい人にとっては、ペースを上げられるチャンスでもあり、また、課題への理解を深めるための機会でもあると書きました。
では、この学習塾における夏期講習とは、特別なものなのでしょうか?

夏期講習は、何も特別なものではありません。

いくら、受験指導を行うための学習塾と言っても、夏期講習だから何かするとか、特別なことはそんなにありません。

少なくとも、管理人の通っていた学習塾はそんなことは無かったのですが、
進学校への受験対策などを行うような進学塾などは、合宿などを行って、毎日勉強付けなスケジュールで講義を行うところもあるようです。

ですが、こうした進学塾も、普通の塾も、基本は全く同じではないのかなと私は思います。

それは、普段の学習塾で学ぶことは、学校で習う範囲の授業内容を反復して学習し、その中で疑問点を解決していくこと、そして、その学習内容を応用した問題や課題を出し続けることで、生徒さんたちが「発想する」ための力をつけていくための学習法が、学習塾の教え方の基本なのではないのかと私は思っています。

ちょっとしゃべりすぎかも知れないので、夏期講習のお話に戻りましょう。
夏期講習を受けるために学習塾に通い、講義を受けた生徒さんたちは、一ヶ月以上の勉強の成果は当然出てきます。それだけ実力がついたということです。

こうして、2学期から学校で始まる授業も、理解しているために、問題も無く、疑問も少なく、自分の中で受け止めらられるようになるのです。いつのまにか、2学期の予習が出来ていたりもするのです。
さらに、 家庭における自習の中でも、夏期講習を利用して理解した課題に関して、要領を教えてもらっているので、理解していればドンドンと自習のスピードが進みます。

と、何が起こるかというと、とにかく勉強が楽しくなって、それが受験勉強へのモチベーションともなりますし、何より、誰もが一度は経験している「プレッシャー」が軽減されてきます。

「理解する」ということが、こうした勉強・学習・受験などのシーンにおいては、何者よりも強いというのがお分かりになったかと思います。

こうして、受験のプレッシャーが軽くなったおかげで、のびのびと中学や高校受験の場で、あせることなく机に向かえる・・こともあるのです。これが、まさしく学習塾に通ってきた効果なのです。

このように、学習塾での夏期講習は、生徒さんたちにとっては非常に重要な学習の場です。

また、効率的に勉強することが出来れば、夏休み中勉強漬けにならずとも、
スケジュールを作る余裕が出来るようになり、遊びにも行けたりすることもできるのです。

pagetop